印刷用チラシ昼.jpeg

展示の公開は終了しました

​有明淑子と『女生徒』

各種ご予約はこちらから

上記のボタンより、聞き書き・おしゃべり鑑賞会・ワークショップの予約フォームへ移動できます。また、一部の催しを除き、全て無料となっております。

​本展示は靴を脱いでご鑑賞いただきます。

土に触れたもの(杖や車いす、介助犬)やサポートが必要な方は​、お手数ですがフォームからご予約のうえご来場ください。

​展示について

私たちが、太宰治の著作である『女生徒』に出会ったのは2018夏。*

Doukyusei.の第一回公演を観た、🐕の「太宰治の『女生徒』をテーマにパフォーマンスを作らない?」という一言がきっかけとなりました。

その後、創作のためリサーチを進めていると『女生徒』は有明淑子という女性の日記を元に作られたこと、太宰治が創作したオリジナル部分は、最初の数行と最後の数行であることが分かりました。

 

Doukyusei.は「女性を中心に据える」という事を矜持にしています。

その私たちが、現代で再び、過去行われたように、文章を切り刻み、有明淑の日記や『女生徒』の文章を使用して、パフォーマンスを創作する必然性が何処にも見当たらないね。

という結論が出たため、創作をストップさせました。

 

時を経て2021年夏、私たちは改めて「女生徒」に向き合うことにしました。

なぜ日記は盗用されてしまったのか。私たちは何に怒りを感じたのか。

リサーチを通して全体像を明らかにし、そこからさらに対話を始めたいと考えています。

​*配布しているチラシの種類によっては、「2019夏」と表記しておりますが、​正しくは「2018夏」です。

「私はこう思うけど、あなたはどう思う?」

 

この言葉が、今回の催しで大切にしている言葉です。

この言葉がこの展示における「まんなか」です。

 

あの時、頭の中や共通の認識だけであったことを、目に見えて、触って、形にするところから、

私たちも含め、来てくださったみなさんと、忘れ去られようとしていた違和感を、形にしたいと考えています。

 

私たちが、生活や人生を、自分で納得して、思うままに、進んで行けますように。

有明淑子

1919年(大正8年)微生物学者 有明文吉の次女として東京で生まれる。

1938年、3ヶ月分の日記を書いたノートを太宰治の家へ郵送。

翌年その日記を再構成した作品『女生徒』が太宰の名で発表される。

その後軍医と結婚し2児をもうけるも、長男と夫とは死別。働きながら次男を育てる。

1981年に死去

「有明淑」と「有明淑子」

多くの文献や、『資料集第一輯 有明淑の日記』(青森県近代文学館編, 2000)では、本名が有明淑、通称が有明淑子と記載されています。

ですが、Doukyusei. は今回、有明淑を「有明淑子」と呼ぶことにしました。それは、日記を送付した有明淑自身が、自らの名前を「淑子」と記していたからです。また、太宰治や、その配偶者である津島美知子も、淑子様、S子さん、と記しており、有明淑が自らを「淑子」と表していたことが伺えます。

会期

2022/4/30(土)~5/31(月)

展示公開:

14:00~19:30(定休:月金/水曜のみ予約制)

聞き書き:

毎週水曜日 14:00~19:30 (1枠1時間)

おしゃべり鑑賞会:予約可能度合い

5/8(日) 12:00~      ×

5/15(日) 12:00~    ×    

5/22(日) 19:30~    ×

5/29(日) 12:00~    ×

 

ワークショップ:

5/7(土) 12:00~      ×

5/14(土) 12:00~    ×

5/21(土) 19:30~    ×

5/28(土) 12:00~    ×

​会場

ハツネウィングA

​〒231-0053

横浜市中区初音町1-21-18​

京急線「日ノ出町」駅から、​徒歩5分ほど。

​ゆっくりと歩くと、10分~15分ほどです。

会場について

今回展示を行う会場は、かつて通称「ちょんの間」と呼ばれ、

売春宿が立ち並んでいた場所にある建物です。

ほんの数十年前には、この場所で、20分にも満たないような時間の中で、

数千円〜1万円ほどのお金と引き換えに性サービスが提供されていました。

そして、浄化されたこの場所の川向こうには、今も多くの性風俗店が立ち並んでいます。

私たちは、その頃の建物の構造を残したままの場所で、展示を行います。

その場所で、ご飯を食べて、寝て、シャワーを浴びて、髪を乾かして、「こんな感じ

で生活してたのかなあ。」なんておしゃべりをしながら、過去の気配を感じつつ、

ひとつひとつ完成させました。

会期中の催し

各種ご予約はこちらから

​ 展示

有明淑子と彼女が記した日記に関する展示を行います。

 

Doukyusei.メンバーの手仕事が詰まった、リサーチを元にした展示に加え、

有明淑子が記した日記を読み解きながら創作した、ダンス映像の上映と、

その創作過程の展示も行われます。​また、展示をご覧頂いたあと、

ゆっくりとお過ごし頂けるスペースもございます。

​ダンス映像 予告編

聞き書き

展示を鑑賞された後に、思い浮かんだことや感じたことを

お話しして頂き、それを私たちが文字に書き起こす催しです。

 

お話の内容は、許可を頂ける範囲で、展示の中に潜り込ませます🐈

毎週水曜日 14:00~19:30(1枠1時間)

おしゃべり鑑賞会

対話を通して展示を鑑賞する会です。

展示を楽しむ際にサポートが必要な方や、おしゃべりしながら展示を鑑賞したい方が、

一緒に過ごせる場所を目指しています。

展示してある絵や立体物を触ったり、ほかの人にはどう見えるのかを聞いたり、

からだを使って展示を感じてもらいます。

※全年齢対象のワークショップです。

​参加人数:各回3名

5/8(日) 12:00~

5/15(日) 12:00~

5/22(日) 19:30~

5/29(日) 12:00~

​(各回1時間ほどを予定)

ワークショップ
​「わたしの、ことばを、つくってみよう」

Screenshot_20220327-231524_edited.jpg

展示を見た後に、からだをゆっくり動かしたり、ちょっとした工作をしたりします。

また、お茶やお菓子を交えながら、みんなでおしゃべりもします。

ことばを見失ったり、発見したり、忙しない生活の中。

少し立ち止まって、『自分のことば』を形作ってみませんか?

料金:500円                                            

参加人数:各回3~5人

持ち物:飲み物

※リラックス出来る服装でお越し下さい。

※高校生~大人向けのワークショップです。

  (中学生以下の方もご興味あれば、ぜひお問い合わせ下さい。)

※展示内容をふまえて体験して頂きますので、

 ワークショップ開始時間までに、展示をご鑑賞下さい。​

 (12時~の場合は、午前中に開場致します。)

 

5/7(土) 12:00~

5/14(土) 12:00~

5/21(土) 19:30~

5/28(土) 12:00~

​(各回1時間半~2時間ほどを予定)

Doukyusei. とは

​様々な年代や場に生きる女性の生活について、目に見えるかたちで立ち上げる事を目的に、

作品制作を行っている。女性を中心に据えた企画であれば、表現形式を問わず創作を行っており、それぞれの企画やDoukyusei.に関心を持ち、集まった女性達が、作品制作に参加をする。

創作経験を問わず、表現に関心のある女性が集まる「場」として機能する団体を目指している。

​クレジット

スペシャルサンクス

​☕️

NPO法人 黄金町エリアマネジメントセンター

黄金町AIR